外壁の塗料と言うのは、実はすごく奥が深くて、沢山の種類があるのですが、ご存じですか?さあ、外壁を塗るのをチャレンジしよう!意気込んでいても、用途などを間違えてしまうと、大変なことになるので、今回は塗料の種類とその塗料にはどういう特徴があるのか、学びましょう。

塗料の種類

塗料の種類は大きく分けると次の6つになります。

アクリル系塗料

特徴は、価格が安い分耐用年数が4年と短いため、こまめな手入れが必要なので、結果的にはコスパは良いとは言えません。

ウレタン系塗料

特徴は密着性に優れているということと、塗装の剥がれが気になる箇所に使える塗料です。

シリコン系塗料オススメ

現在最も主流になっている塗料です。価格と耐久性のバランスが良く人気あります。耐用年数も13年あるので、コスパも良いのです。

フッ素系塗料

耐用年数が18年と長い分、価格も高い塗料です。コスパ的に考えると、大きい家に相応しい塗料です。

遮熱塗料

太陽熱をはじき、外壁・屋根の表面温度を下げ、室内の温度も下げるので、省エネに繋がる。エネルギー対策を考えた時にオススメの塗料です。遮熱塗料は耐用年数が18年と長いのも特徴です。

光触媒塗料

次世代塗料といえるもので、耐用年数は約20年あります。また、認定施工店でなければ取り扱いはできません。特徴は、太陽の光で汚れを浮かせ、雨で洗い流すし、汚れがつきにくいところです。また、遮熱効果があり、空気を浄化する効果もあります。

このように塗料だけでもいろいろな種類があります。どれを選ぶかという点においては、まずは何をしたいのかということを明確にしながら、業者と相談をして決めるのが良いです。一時的なコストだけを考えると、塗料には5年しか耐用年数がないものもある一方で光触媒塗料のように20年耐用年数があるものもあり、1年単価で考えた場合にはコストパフォーマンスも随分変わってきますので、その点もよく業者と相談をしながら、塗料を選ぶことが大事です。

塗料を選ぶポイント

一般的に塗料の選び方というのは、次の7つありますので、業者さんと塗料を決める時の目安としてください。

  1. 耐用年数10年以上の塗料を選ぶ
  2. 雨水対策として高弾性のある防水機能を備えた塗料であるかどうか
  3. コスト計算は長い目でチェックしよう。
  4. 塗料の保証期間をチェックする
  5. 業者推奨の塗料かどうか
  6. 自宅の悩みを解消してくれる機能があるのかどうか
  7. 人と環境にやさしい塗料なのかどうか

以上7つのポイントが有りますので、こちらは是非活用してください。

塗料の耐用年数

なお、最後にそれぞれの耐用年数はどのくらいあるのかというと、

  • アクリル系塗料: 4年
  • ウレタン系塗料:7年
  • シリコン系塗料オススメ:13年
  • フッ素系塗料:18年
  • 遮熱塗料:18年
  • 光触媒塗料:20年

となりますので、まずは、費用がいくらかかるか見積を出してもらい、そこで丹念の費用がいくらなのかという計算もしてみましょう。

  • アートくれないは創業44年、地元広島県東部、福山市を中心にご愛顧いただいております。これまでの看板製作の実績を活かすことで、お客様のお悩みや疑問にお答えすることが可能。よりよい方法をご提案しながら、お客様と一緒に看板をつくりあげます。
  • 昔ながらの職人の技を継承する広積空調工業は、厨房や店舗、オフィステナント、ビル・マンション、工場やその他設備などの新規のダクト設置。他社が設置したダクトの修理点検をおこなっております。経験豊富な職人集団が設計〜自社工場での製作〜施工まで自社一貫対応。実績豊富な国家資格取得の職人が責任をもって設計・製作・施工。高品質かつ低コスト・緊急対応で信用いただいております。お気軽にご相談ください。
  • 多摩で外壁塗装の業者をお探しなら、re;pair多摩にご相談ください。当社は外壁塗装を中心に、水回り、室内壁面、床張り工事など、お客様の立場で喜んで頂けるリフォーム工事を行わせて頂いております。厚生労働省が認定する国家資格を持つ、1級塗装技能士が在籍。独自のルートで塗料や資材を仕入れているので、大手の塗装会社やリフォーム会社と比較しても安価で質が高い仕事をご提供。戸建住宅から大きなビルまで、40年の信頼と実績がございますので、安心してお任せください。